蛙の子はカエルなのか!?実証記録

~低学歴の両親の子どもは、高学歴になれるのか検証。まずは中学受験合格を目指して~

塾ソムリエさんの話、ためになります ^^)

 塾ソムリエさん西村則泰さんご存知ですか?

最近、検索して知りましたが、、、

著書だけ見ると、今の私のど真ん中です。

nishimuranoriyasu.com

 

 カテゴリー別で学年別アドバイスがあり

とっても為になるのです。

その中でも、「そうそう、うちもそう!」ってアドバイスがコレ↓

 「うちの子は、頭は悪くないと思うのですが、算数の問題を直感で解いてしまってよく間違えます。特に学年が上がってからそのような間違いが増えています・・・。」

小さい頃から頭が良いお子様に多いことですね。
小3や小4までは、頭の中でさっさと答えが出せてしまう。家の人や塾の先生からは、式や図を書けと言われているけれど、そんなことをしなくってもちゃんと正しい答えを書けているんだから・・・。と感じていたはずです。ところが、内容が高度になると直感だけでは解けなくなります。目の付け所はさすがと思わせる部分があるのですが、最後の詰めで間違えたり、大切な条件を使わなかったりして間違ってしまうことが増えます

 まさにです。

まぁ、「自分の子どもを頭がいい」と言ってるみたいで恐縮ですが…

(低学年の話ですから!)

 

 あれだけ毎日毎日毎日…公文で計算だけしてきたのに、

テストで頭の中で暗算して、簡単な繰り上がりや繰り下がりを間違える。

もう本当に腹立つ!!なんでこんなん簡単な問題間違えるん!!!????

って激怒。「もう暗算やめて!!!!!!!」って何回叫んだことか。

文章問題も理解してるのに、、、、簡単な計算間違い"(-""-)"

これって、ほとんどの子どもがそうかもしれないですね。。。

でも、「なるほど!だからか!」と妙に納得しちゃいました。

 

 

自分に問いかける習慣を身につけさせることと共に、考えてきた事の過程を書かせること

 

 

これから、どんどん難しくなる問題。

やはり計算や式の跡が大事みたいです!

 

あと、、、

家庭学習の優先順位は、普通
1 宿題
2 授業の復習
3 暗記
であることが多いのですが、これが実は間違いなのです。
理想は、
1 授業の復習
2 暗記
3 宿題
です。

すっかり、宿題メインでやってました( ゚Д゚)!!

だって、宿題多いから。

早速、塾でやってきたテスト直しを一番にしてと~

来月の学力テストでは、いい成績がとれますように…

 

関連記事

 

momomama45.hatenablog.com

 

 

中学受験 基本のキ! (日経DUALの本)

中学受験 基本のキ! (日経DUALの本)

 

 

中学受験は親が9割 [学年・科目別]必勝対策

中学受験は親が9割 [学年・科目別]必勝対策